地震予知の最新情報を発信しているサイトをおすすめ5選で紹介

地震研究者【内山義英】

2011年に発生した東日本大震災以降、日本各地で大きな地震が多発しています。

それによる被害や死者も多く、普段から震災に対する防災意識を高めていざというときに備えておきたいものです。

さらにいつ起こるかわからないとされる震災を予知する警報サービスが開発され、その地震予知の精度は的中率80%以上とも言われています。

そんな3種前兆地震予知法を開発した内山義英さんについて紹介していきます。

内山義英さんってどんな人?プロフィールは?

内山義英さんは京都大学大学院工学研究科建築学専攻を終了した後、大手建築会社で世界で初めてとなる高さ100M以上の免震建築「超高層免震」の研究開発を行ってきた創始者です。

2002年には第一号となる物件が竣工し、その後日本国内に400棟以上の超高層免震が建築されています。

その建築市場はロシアや台湾にまで広く展開されて、日本国内だけでなく海外も併せて3兆円を超える市場規模にまで発展しています。

そして2011年の東日本大震災を受けて「3種前兆地震予知法」とその地震予報システムを開発し実用化しました。

以前から地震は予知することが難しいと言われ続けていますが、それは地震学では難しいというだけで電磁気学や音響学との組み合わせによって予知することが可能になると内山さんは考えています。

地震を予知することが出来ればそれに伴う被害を最小限に抑えることができ、日常生活を安心して暮らしていけるようになるという思いからこの研究に取り組んできたようです。

それでは内山さんが開発した予知するアンテナについて詳しく紹介していきましょう。

3種前兆地震予知法ってどんなもの?

民間の地震研究機関ブレインの内山義英代表が開発した3種前兆地震予知法は、地中を流れる地電流を直接観測して前兆現象をとらえる地電流観測と、地電流の観測波形から前兆を捉える波形解析技術と前震活動解析の3種類の前兆を組み合わせて解析し地震が発生する時期や地域、規模を予測してくれます。

3種類の観測データと予知結果を総合的に判断することで、より高精度な予知が可能となっているのです。

この3種前兆地震予知法による観測手法に基づいた情報を発信するサービスが「予知するアンテナ」です。

発生する1週間前に現れる地電流の前兆現象を捉えてくれるので、発生する時期や地域、規模について地震予知することができます。

この情報を週2回提供してくれるサービスが予知するアンテナなのです。

的中率80%以上なので、この予測により発生を事前に知って被害を最小限に食い止めることが可能になるのです。

今後は地震予知的中率をさらに高めていく方針で、確率が100%になる時代が来れば安心して生活していくことにもつながります。

普段から防災対策として行っておきたいのは?

地震予知できる時代になってきているとはいえ、100%地震の発生を予知することはまだまだ難しいのが現状です。

いつ震災が発生しても大丈夫なように普段から防災対策を心がけておくことが大切です。

いざというときに準備しておきたいものとしてまずは食料と水だけは必ず確保しましょう。

目安として最低3日分は必要です。

そしてさらに、あって助かったという用品も紹介していきます。

まずはラップやアルミホイルで、水が止まってしまうのでお皿が洗えなくなります。

そこでラップを引けばお皿を汚すことはありません。

次に除菌ができるウエットティッシュも活躍します。

水が使えないので手洗いや汚れた部分をふくのに重宝します。

そしてスリッパを寝室に置いておくのもおすすめです。

大きな地震が起こると床に食器や花瓶などありとあらゆるものが散乱します。

夜で電気も消えてしまうとそれらをよけて歩くのは困難になります。

安全に避難するためにも近くにスリッパを備えておくと安心です。

地震がいつ起こっても安全に避難できるように普段から防災意識を高めておくと良いでしょう。

サイト内検索

地震予知・予測する情報サイトおすすめ5選

商品画像
商品名MEGA地震予測(JESEA 地震予測情報配信サービス)地震解析ラボHi-SEM(早川地震電磁気研究所)地下天気図(DuMA)予知するアンテナ(株式会社テンダ)
特徴いろいろなエリアの情報が取得可能!解析元データが豊富で信憑性が高い!解析方法の特許取得!地震予知研究の為のサイト過去データも閲覧可能!
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ