地震予知の最新情報を発信しているサイトをおすすめ5選で紹介

地震研究者【早川正士】

日本は世界でも有数の地震が起こりやすい国として知られています。

ここ30年ほどの間でも、1995年に阪神大震災が発生、2011年に東日本大震災が発生するなど大きな被害をもたらしています。

そのために地震予知に関する研究も国内では昔から進められてきたのですが、この日本における地震予知研究の第一人者として知られているのが早川正士氏です。

地震の予測のプロフェッショナル

早川正士氏は地震予知に関する研究を昔から行ってきた経歴を持っている国内でも有数の専門家です。

電気通信大学の名誉教授である早川氏はこれまでに何回も、震災の発生について事前に予知してきました。

正確な地震予知に関連した実績が多数あることから、国内でその名前が広く知られるようになっています。

このように早川氏の名前が広く知られるようになった背景には研究とともに、震災に対する関心が国民的に高くなっていることもあげられます。

2018年だけでも、各地で大小の地震が発生していることから、今後数年間に阪神大震災や東日本大震災レベルの地震が発生する可能性も危惧されています。

そのような理由から、早川氏の地震予知に関する研究はこれまで以上に多くの人に関心を持たれるようになっているのが現状です。

2018年にも早川氏は大規模な地震の発生を正確に予知して、マスメディアなどでも大きくとりあげられています。

早川氏が的中させたのはマグニチュード5レベルの大地震ですが、今後も日本ではこのレベルの震災が頻発すると予測されています。

早川氏の地震予測の専門性の高さ

早川氏の地震予知について特徴的なのは、科学的な方法を用いて客観的に災害の発生を研究していることです。

地震が発生する前には共通して起こりやすい自然現象が発生しやすいことが知られていますが、早川氏は予測に必要なさまざまなデータを収集して、それらのデータを効果的に利用することで、正確な地震予知を可能にしています。

早川氏の地震予知の精度を高めている大きな手法には、主に電磁環境学の立場から地震の偶発を予知していることがあげられます。

電磁環境学の専門家である早川氏は、地球に発生する電波や磁気の研究を通して、地震の偶発を事前に予測しています。

地震の前兆となるような自然環境の変化を正確に見抜くことで、地震予知の精度を向上させることに役立てているのが早川氏の予測の特徴です。

この前兆の発生という自然現象の正確な予測が、早川氏の研究の有効なアプローチ手段となっています。

地球各地から見出される些細な環境の変化からも、地震の偶発を予知するような事実が見つけられる技術が研究成果です。

マスコミなどでも広く紹介されている早川氏

地震予測のオーソリティーとして早川氏が広く知られるようになったのは、マスコミなどにも多く紹介されてきたことも、その理由としてあげられます。

雑誌だけでなく多くのテレビ番組などにも出演してきた実績を持ち、バラエティ番組などでも地震予知に関する知識を視聴者にわかりやすく伝えています。

早川氏が出演したテレビ番組の中には、早川氏が出演した回だけ普段よりも視聴率が上がった場合もあり、地震予知に対する国民の関心の高さがうかがえます。

そのほかにも早川氏はメール配信サービスなどを通して、地震予知の研究を広く伝えています。

そのような早川氏の正確な地震予知の技術を引きついだ科学的な方法で地震予知を行っているのが地震予測プラスというサービスです。

このサービスはもともと地震解析ラボという名称の組織により運営されてきましたが、名称が地震予測プラスに変更されて現在も活動を行っています。

地震予測プラスでは、地震予知に関する情報を有料で提供しています。

地震の発生に強い関心を持つ人々にも広く利用されている便利なサービスです。

サイト内検索

地震予知・予測する情報サイトおすすめ5選

商品画像
商品名MEGA地震予測(JESEA 地震予測情報配信サービス)地震解析ラボHi-SEM(早川地震電磁気研究所)地下天気図(DuMA)予知するアンテナ(株式会社テンダ)
特徴いろいろなエリアの情報が取得可能!解析元データが豊富で信憑性が高い!解析方法の特許取得!地震予知研究の為のサイト過去データも閲覧可能!
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ